スクラップブッキング、消しゴムスタンプ、グリーティングカード作り、時にはアカペラコーラスの練習スタジオとなる我が家のリビング。ハンドメイド大好きなペコラのStudioに遊びに来てね。


by pekora-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

6インチ用アルバム その2

b0063321_1633785.jpg
紙ファイルと、布のボーダーテープがあったので、手元にある材料を使って6インチ用の簡単アルバムを作ってみました。

夜の撮影なので、画像が悪くてごめんなさい。


b0063321_16345664.jpg
今回は、表紙、裏表紙にS.E.Iのペーパーを使ってみました。
背表紙は裏に糊の付いた布製のボーダーを使うのが伸縮性があってお勧めです。
ただし、このように白っぽい柄ですと薄いのでファイルの印刷(コクヨの文字など)が裏移りしてしまうのでご注意ください。(文字の印刷してあるところに両面テープを貼ってみました)
b0063321_1112217.jpg
B5横長の紙ファイルを折り目から20cmくらいでカットします。
角はコーナーラウンダーで丸くしておきます。
パターンペーパー(カードストックくらいの少し厚めの方がしっかり出来ます)表用、裏用計2枚用意。のりしろ1.5cm位とってカット。
ファイルの表紙にあわせて糊で(今回はピットマルチを使用)しっかり貼る。
角は三角の切込みを入れて折り込む。
b0063321_11125534.jpg
背表紙は布ボーダーを(曲がらないように少しずつ裏紙を剥がしながら)貼って、上下はファイルの出っ張りにあたる部分に切れ目を入れてくるむように。(画像参照)
布テープと表紙の紙のかさなっているところにアクセントのリボンを両面テープで貼る。


b0063321_1113223.jpg
内側面は適当な柄をプリンターでA4サイズ2枚をシール状のシートにプリントアウトして(もちろんシールシートを使わず、パターンペーパーの裏に糊付けしてもOK)、表紙より少し小さめにカット。角も同じくラウンダーで丸くしておきます。
止め具の付く出っ張りの部分の付け根のところで2枚のシートが重なるように使っています。


b0063321_1114029.jpg
今回は、ファイルの止め具を全部はずして、くるみこむように紙を貼って、止め具を通す穴を開けて、もう一度止め具を付け直してみました。この方が元々の紙ファイルが見えなくなって、きれいな仕上がりになると思います。
表紙にメタルなどで飾りを付けたり、タイトルなどをアイレットやブラッドで止めたりする場合は、先に作業を済ませてから、内側のシートを貼ることをお勧めします。

b0063321_16353869.jpg
今回は、ありあわせのもので作ってしまいましたが、手順などは伝わりましたか?
私の自己流の手順なので、もっといい方法や素敵なアイデアはいろいろあると思います。
もっといいアイデアがあったら、どんどん書き込みして教えてくださいね。


*追記*(1月13日)
この記事をご覧になり、アルバムを作られた方がPHテストペンで紙ファイルのPHを調べたところ、酸性いうことでした。酸性はご存知の通り、写真の長期保存には向きませんので、ご了承の上、ご使用くださいますようお願いいたします。
ちなみにサイズをあわせて切るのは少し手間がかかりますが、100円ショップにPP素材の
A4の2つ穴ファイルも売っていましたので、そちらを使用すると良いかと思います。
[PR]
by pekora-studio | 2005-01-09 11:29 | Scrapbooking