スクラップブッキング、消しゴムスタンプ、グリーティングカード作り、時にはアカペラコーラスの練習スタジオとなる我が家のリビング。ハンドメイド大好きなペコラのStudioに遊びに来てね。


by pekora-studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

CKwithSS Vol.4

b0063321_18391530.jpg先日もお話しましたが、CKwithSS(日本版)の6月号(第4号)が6月10日に発売になりました。

今回は夏号ということで、鮮やかな色合いの元気いっぱいのレイアウトがたくさん掲載されています。特集もティム・ホルツ氏のスタンプテクニックを使ったLOや、おなじみアリ・エドワーズさんの記事、それから、子供の作品をLOに取り入れるアイデアなど、みどころいっぱい。

そして、日本版オリジナルのページもボリュームアップ。
絹田育子さんの新連載も始まりましたし、前号から始まった、Mickさんのページには、アリさんのインタビュー記事。それから「これから始めるスクラップブッキング」のページでは、今月号は前回の基本アイテムに加え、プラスアイテムとして、スタンプ&インク、クラフトはさみ&ペン(中澤先生)、ステッカー&リボン(Leiさん)、パンチ&ボタン(スプスプさん)、フォームスタンプ&アクリル(ikukoさん)と5パターンのアイテムを使ったテクニックが、前回のステップアップバージョンとして紹介されています。
なんと私、こちらの特集で「スタンプ&インク」のアイテムを使ったページ担当として参加させていただいたのです!

もう本当に私でいいんでしょうか??という感じだったのですが、せっかく声をかけていただいたので、何とかいいご提案ができるようにアイデアを絞りました。
「これから始める・・・」という方はもちろんのこと、もしくはスクラップブッキングにスタンプを初めて取り入れてみようかなと思っている方のために、まずは身近な材料にインクをつけて、押してみることで、既製のパターンペーパーを使わなくても面白いレイアウトが作れないかな・・・という提案をさせていただこうと考えました。
もちろん、消しゴムでスタンプを彫るというのが私のお気に入りのテクニックですが、今回は、それよりももっと簡単な方法で、色々なレイアウトに応用の利く<ドット模様>と<ストライプ模様>の作り方をご紹介しています。(夏の水遊びの写真にあわせてこのモチーフを選びました)

詳しいことは本誌をみていただけると嬉しいのですが、身の回りにあるものを眺めながら、「これにインクをつけて押したら、どんな感じになるのかな?」と色々試してみて見つけたアイテムです。
インクの色を変えたり、ドットの大きさの違うものを使用すれば、また違った雰囲気にもなると思いますので、皆さんも試してみてくださいね。



この本の記事を読んでくださった方が、スクラップブッキングにスタンプやインクのテクニックを加えて頂くことによって、SBの楽しみかたがちょっとでも広がったら嬉しいなと思います。
[PR]
by pekora-studio | 2006-06-13 17:58 | Scrapbooking